コンビニで見た親子。(たぶん)

子ども

 

 

コンビニで、お父さんと思われる人と息子と思われる小学校高学年くらいの男の子と低学年くらいの男の子。

 

 

飲み物を選んでました。

 

 

 

男の子2人はお父さん(決定)に、
「これいい?」って聞いてました。

 

 

お父さんは
「あかん!」と。

 

 

男の子は
「炭酸が飲みたい…」って言いよってんけど、

 

 

そしたらお父さんは
「そんなん飲んだら背が伸びひん!」って言ってました。

 

 

で、男の子は
「これが飲みたいねんけどなぁ…」って言いよったんやけど、

 

 

お父さんは
「栄養がない!」って言ってて
「栄養があるやつにしなさい!」って言ってました。

 

 

そうして選ばれたのが、

 

 

 

 

 

 

『MATCH』と、

 

 

『デカビタ』

 

 

 

 

そのあと、シュークリームも買ってて。

 

 

わたしには、ナンノコッチャか
さっぱりわかりませんでした。

 

 

 

 

わたしは、ちょっと笑ってしまったんやけど。
『飲みたい物も自分で選ぶ権利ないのかぁ…』と、思いました。

 

 

ジュース選ぶのに栄養もくそもないんじゃないの!?って思ったんやけど。

 

 

別にいいやん?
ファンタグレープ飲んでもさ。

 

 

てか、ジュースにどんだけの栄養を求めているんやろう…と思った。

 

 

 

 

そいや、息子が学校での理科の実験で(個人個人で違う実験をするってやつ)

 

 

『CCレモンにビタミンCは入ってるのか』っていう実験をしてたなぁ〜。

 

 

 

 

結果は、『入ってなかった。』笑

 

 

これには、わたしびっくりしたの覚えてます。(実際どうかは知らないよ。理科の実験でした結果がコレってだけ。)

 

 

世の中知らんことが沢山あるわけやけど、、

 

 

こうして子供に親の常識が植え付けられていくんやね、って思いました。

 

 

このお父さんは、どんな基準で言ってるんやろうか。

 

 

わたし、とっくに大人のはずやけど全然わからんかった。

 

 

子供はもっとわからんやろね。
どれが良くて、どれが悪いのか
わからんやろね。迷うね。

 

 

わたしの憶測やけど(この3人が親子として)、、

 

 

普段から、色んなことを親が選んで決めてるんやろね。
「子供のために」ということにして。

 

 

親が気に食わないものは全て認められないんやろね。
「子供のために」ということにして。

 

 

子供は自分で何も決められなくなるかもね。

 

 

子供は自分で考えなくなるかもね。

 

 

何か壁にぶち当たっても乗り越えられるチカラがつかないかもね。

 

 

 

 

この男の子たち大きくなって、親におもくそ反抗して欲しい。笑

 

 

抑えつけられてたら、どっかで爆発するはず。

 

 

なぜ自分の子供にやと平気でそんなこと出来ちゃうんやろね。

 

 

こんなに大人に従順で、(都合の)いい子してたら、他でなにかのカタチでうっぷんが出ちゃうと思うんよね。

 

 

こんなに色々決めつけられて育つと
「〜〜べき」とか「普通は〜〜」とか身につくよ、きっと。

 

 

これ、しんどいんよね〜。固定観念ってあればある程しんどいと思うんよ。

 

 

わたしもそうやったんよね〜。だからかな、こういう自分の中の常識を押し付けられる言葉を言われると

 

 

『誰のモノサシで言うとんねん』って思って、かなりの確率でムカつくんよね。知らんがな、って思うんよ。

 

 

早く反抗期こいっ!
ボロカス言って欲しい。

 

 

「お前らに産んでくれなんて頼んでねーよ!」とか言って欲しい。

 

 

で、親に
「誰に向かって口きいとんねんっっ!!」
とか言われて、

 

 

 

 

「はー?お前じゃお前!俺は親の言う通りに動くロボットちゃうねんぞ!まじうぜぇ!!」

とか言って欲しいなぁ〜。

 

 

男の子たちに幸あれ。

 

◆記事一覧はこちら

◆プロフィールはこちら

◆Facebookはこちら
(共感したら友達になろう!そうしよー♪間違い申請か分からんので、ひと言添えてもらえると助かります。)

◆Twitterはこちら
(フォローme!!)

◆共感したらシェアしてもらえると嬉しいですっ♪

コメント

  1. Plaistpat より:
タイトルとURLをコピーしました